ネズミ退治の方法と予防策 - ネズミの駆除で屋根裏に発生してしまった際の対処法

ネズミ退治の方法と予防策

ネズミが建物に住みついてしまうと糞や尿をされて建物内で悪臭が発生したり、建物自体が劣化する被害を受けてしまいます。

ネズミは人を積極的に攻撃する事はありませんが、様々な病原菌を持っていて建物内に持ち込まれる事で建物を利用する人に健康被害が発生する恐れがあります。

ネズミ退治を自分でする方法はいくつかあって市販の駆除用品の中でも確実に駆除できるのは殺鼠剤や粘着シートを使った駆除方法です。
殺鼠剤はものにもよりますが、ある程度の時間をかけて効果が出てきます。



そのため駆除をするには数日の間連続で仕掛けて食べさせる必要があります。

殺鼠剤を使う時は餌場になっている場所に仕掛ける事で効率的に食べさせる事ができます。


粘着シートは踏ませる事で捕獲して駆除する罠です。

粘着シートを仕掛ける場所は良く通る場所に仕掛けるか特定の通り道が特定できていない時は部屋の隅や壁際に仕掛けると効果的です。


これは部屋の隅や壁際を移動する習性を利用するためです。



殺鼠剤や粘着シートは単独で使用するのも良いですが、併用する事でより退治しやすいので可能ならば併用すると良いです。


一度退治しても住みつきやすい環境のままにしておくと再び侵入されてネズミに住みつかれてしまいます。



それを防ぐ為には侵入を防ぐ対策をする事が大切です。具体的には侵入経路になる場所を物理的に塞いで侵入を防ぐ事と食糧調達のできる場所を与えないために建物の近くにゴミ捨て場があれば囲いをしたり、撤去するべきです。